不動産や行っているサービスについて紹介しております

不動産鑑定を東京で承っている株式会社二又川不動産鑑定では、お客様が不動産について安心して任せていただけるように努めております。不動産には様々な税や手続き等が必要となるため、不動産をお持ちの方の中にはどのようにすればいいのか悩まれている方も多くいらっしゃいます。
不動産に関する不明な点を少しでもなくせるよう、サイト上で質問の掲載を開始いたしました。ご覧になることでよりスムーズにサービスをご利用いただけますので、ぜひご活用ください。
よくある質問
不動産鑑定士の主な仕事は何ですか?

不動産鑑定士は、不動産に関する国家資格を取得しており、土地や建物などの不動産の経済価値について、地理的条件や法規制、市場経済などのさまざまな要因を踏まえて鑑定評価を行い、鑑定評価額を決定すること(法律に基づく「不動産鑑定評価書」の作成は不動産鑑定士だけに認められています)や、対象となる不動産をさまざまな角度から調査・分析し、顧客のニーズに合わせた適切なアドバイスを行います。

不動産鑑定評価をするのは、どのような場合ですか?

不動産を売買や賃貸借する場合に、当事者が納得できる価格や賃料を判断するための根拠として役立ちます。遺産や贈与財産に不動産が含まれる場合には〈適正な価値〉を知る必要があり、不動産を担保にお金を借りる際、借りられる金額を左右する要因になります。

不動産鑑定評価をするのは、どのような場合ですか?

不動産を売買や賃貸借する場合に、当事者が納得できる価格や賃料を判断するための根拠として役立ちます。遺産や贈与財産に不動産が含まれる場合には〈適正な価値〉を知る必要があり、不動産を担保にお金を借りる際、借りられる金額を左右する要因になります。

相談したいのですが、プライバシーは守られますか?

不動産鑑定士は、「不動産の鑑定評価に関する法律」により、その資格、業務等が保護されている一方、守秘義務に関する条文があり、厳しく監督されておりますので、ご安心ください。

相談に伺いたいのですが、準備しておくものはありますか?

ご相談内容によって準備いただくものは異なりますが、最初は、不動産を確定する所在、地図、登記簿、公図などがあれば結構です。

関連会社間、親族会社間の売買の注意するところはありますか

低廉譲渡等を指摘される場合があります。価格を決める前に、不動産鑑定評価書等の証拠書類の取得をお勧めします。

不動産をお持ちの方は、自身が持つ不動産の適切な価格を把握しながら手続きを行わなければなりません。人にもよりますが、不動産には様々な税金が掛かってしまい、場合によっては所持しているだけで負担になる方もいらっしゃいます。さらに、適切な価格ではない費用を申告したために多額の税金を支払うことになってしまったというケースもあり、不動産の適切な価格の提示や各種手続きは非常に重要です。大切な方が亡くなったことで起こる相続はもちろん、新しいお住まいのために購入した土地・建物等に掛かる固定資産等も適切な価格で申告する必要がございます。
不動産に関するお悩みを少しでも軽減できるように、随時お電話からご相談を承っており、これまで寄せられることの多かった質問をサイト上で掲載いたしました。お客様が不動産を有効に活用できるよう寄せられたご質問にお答えいたしますので、一度ご活用ください。